芳賀工務店について

夏は涼しく冬は暖かく過ごすにはどのような工法があるのか、その工法を取り入れた場合の導入費用と運用費用はどうなるのか常に考え、厳しい自然現象の中に住む方々に支えられながら、支えていただいている方々に少しでも快適な住まいを提供したいと思い、日々努力を積み重ねております。

title_about01

title_about02

春 待ち遠しかった春の暖かな日差しを取り入れ、遠くの残雪が残る山々を眺めることが出来る家。

夏 厳しい日差しを跳ね返し、それで居て夕方には吹いてくる涼しい北風を取り入れ事が出来る家。

秋 涼しく乾いた心地良い風を家中に取り入れ、鮮やかに染まった紅葉の山々を眺めることが出来る家。

冬 厳しい寒さを跳ね返し、どんな豪雪にも耐えることが出来る頑丈な家。

season

 

title_about03

 家とは売るものでは無く、建主さんと一緒に建てて行くものです。建主さんはどんな家を建てたいのか、建てた家でどんな事をやりたいのか、色々なことを聞きながら具体的に面図を書いて、パースを書いて、場合によっては模型を作りながらじっくりと詳しく打ち合わせをして、それから着工となります。 family02

title_about04

家を建てるには法律上の制限や、構造上の制限があります。どんなに素晴らしい設計プランが出来ても、法律違反だったり構造的に無理があって長持ちしないような家だったりでは意味がありません。

title_about05

我が家は3代続く大工の家です。私も今は玄翁たこが無くなってしまいましたが、若い頃京都で大工見習いをして来ました。現在工事をやってもらって居る大工は先代からの古参ばかりで、ハウスメーカーのように外注の大工ではありません。

title_about06

質実剛健な建物を得意としておりますので、ある意味垢抜けしない・・・大丈夫です。他の家と同じ様ではいや、そんなわがままな方にはデザイン設計をやられている設計事務所とコラボしてオンリーワンのお住まいをご提供いたします。 image020

title_about07

title_about08

今お住まいの家がまだ御使用に耐えるようであれば新築はお勧めいたしません。

先ごろも耐震的に問題のある2階の部屋を減築して、その代わりお庭に耐震設計で高気密高断熱の部屋を増築して、トイレとお風呂をバリヤフリーにする工事を行いました。愛着があり思い出がたくさん詰まっているお住まいを再生することが出来、お客様からも大変喜んでいただきました。

 

title_about09

どんな優れた工法でも全ての建主さんに合うとは限りません。建主さんが欲しい家に合った工法をその都度考えオンリーワンの家を提供いたします。場合によっては高気密高断熱も必須項目にはなりませんし、オール電化も建主さんのライフスタイルに合わないようでいたら、ガスと電気を組み合わせたハイブリッドをお勧めしたりしております。

 

title_about10

瑕疵担保責任履行法により、全ての新築住宅に10年の保証が付いております。それよりも弊社が手がけた家を、後に見た他業者さんから笑われるような仕事だけは、絶対にしてはいけないといつも思っております。ことさら長い保証を付けているところは、それだけ御自身の仕事に対し自信が無いのかもしれませんね。

 

title_about11

大変申し訳ありませんが、弊社にてモデルハウスはご用意しておりません。モデルハウスやカタログ、広告にかかる販促経費を建主さんに還元したいと考えておりますので、その分より詳しい打ち合わせをお願いしております。

 

title_about12

家づくりを考えている方はぜひ一度ライフプランをご検討ください。家は人生においてもっとも大きな買い物。「家づくりってだいたいどのくらいお金がかかるものなのか?」「自分はいったい家にいくらお金をかけられるのか?」誰もが不安になることだと思います。安心して家づくりを進めるため、また家を建てた後も安心してお住まいいただくために、事前にきちんと資金計画をしておくことが大切です。家づくりを進める前にまず建築士が資金計画のご相談に乗ります。しっかりと予算を決めた上でご要望に合わせてお家のプランを考えるので、安心してお家づくりを進めていただけます。

 

title_about13

資金計画をする上で大切なのは「建てた後の生活を考えること」です。家のローン以外にも普段の生活費や学費、車の買い替えが必要になったり、たまには家族で旅行も行きたい…など、これから先の長い人生、様々な出費があります。夢のマイホームを手に入れても、その後の生活が苦しくなってしまっては何のための家づくりかわかりません。「借りられる最高額」が適正な予算ではなく、家を建てた後の生活を踏まえて、「家づくりにいくらかけるべきか?」を検討することが大切です。